« こんな××はイヤだ。 | トップページ | 童貞 »

哲学

面白かったのでネットから引用します。

詳細は分からないけど、このチーム出身者に凄い奴が多いのは確かです。

<quote>

AERAMook「スポーツ学のみかた」勝つための戦術より

「敵の強いところを避け、弱いところで勝負する」  
水野弥一(京都大学工学部卒)

私は京大アメリカンフットボール(以下アメフ)部の監督をしている。
京大にはスポーツで一流といえるような素材(学生)は、めったに入ってこない。
わがチームで大切なのは、普通の素材から少なくとも1チームに必要な選手を育て、うまくオーガナイズして一流チームに互して戦えるようにすることである。
それゆえわれわれは英才教育にはあまり縁が無く、誰にでもできるような人材育成法が求められる。

われわれのスタートは京大生の中から一人でも多く優れた素材を集めることである。
当然、選手は入学までアメフの経験はない。すなわち、初心者そのものである。
スポーツや武道や芸の世界ではわかっていることと、それができることは別である。そしてできなければ意味が無い。
初心者に名選手のプレーを見せて、おまえもこうなれ、そのためにはこうするのだと教えてもできるはずもない。
ただひたすら練習を積み重ねると、いつかある時できるようになっているのものだ。
それゆえ、体で覚えろ、理屈じゃないと言われる。

それは確かに真理であるが、欠点が2つある。
ひとつは時間の問題。いつできるのかということである。
大学でのアメフは当然4年間しかできない。5年目に名選手になるのは全く意味の無いことで、与えられた時間の中で目的を果たさなくてはならない。
もうひとつは「理解できなくてもやれるようになればわかる、そのためには理屈を言うな、言われたことは黙ってやれ」では、よほど強い憧れを持っている者しかやり通さない。当然あまり熱心ではない者はやめてしまう。
もっとも一般には「やる気のない者はやらなくてよろしい、いかなる苦難をも乗り越える熱い心持つ者だけがやる資格がある」と言われるが、それでは才能があって、やがて目覚めればやる気になる多くの逸材を逃してしまうことになるのだ。

「がんばる」は嫌われる

やる気も無い、やったことも無い初心者を教え、4年という限られた時間の中で結果を出さなくてはならないから、この2つの欠点は致命的である。
したがって初心者には観念的なことは避け、具体論で教えることが効果的だと考える。
最初はそれがどういうスポーツで、どんなルールのもとで行なわれているかを説明し理解させる。
次に、プレーをする上で必要な基本を、なぜそうするのか、そのために必要なことは何かを理解させ、練習で実行させる。

基本とはスポーツをするうえでもっとも有効で、普遍的に適用できる優れた方法論である。
ただしその際大切なのは正しくやることである。
もっともスポーツでは正しいことをやっていれば勝てるというものではない。
人間は皆違うのだから、同じことをしても同じ結果は出せない。
究極は自分を生かす道を自ら切り拓く、すなわち個性を生かすことである。

他方、基本は正しくやらねばならないから、勉強と同じで誰にでもできる。
要は才能によって、マスターするために必要な時間が異なるだけである。
それゆえすべては”なぜ”かを教えること。具体的な「理屈」が大切なのである。
わがチームは「とにかくがんばる」というのが最も嫌われる。
何のために、何をどうするか。これがわかってない者は練習する資格はないのである。
もっとも、時にはがんばることも大切である。
しかしだいたいはその前にすることがある。それが本当にベストなのか、それ以外にないのかを徹底して検討して、それしかないと結論した時はじめてがんばることが大切になる。

ところが、人間、面倒くさいので、十分検討することをせず手っ取り早くがんばるのである。
すなわち、なまけ者だからがんばるのである。
「理屈は言うな、言われたことは黙ってやれ」はわがチームの嫌う所だ。「理屈が大事、黙ってやるな、わからん時はわかるまで聞け」、これがコーチに対する礼儀である。

さらには、そのスポーツをするために耐えられる体を作ることが必要である。

よく「人間、まずは心から」と言われるが、それよりは人間は現金な生き物だと言う方がより普遍的ではないだろうか。
指導者にとって、選手にやる気を出させることも大事だろうが、それ以上に、やる気の出るようにしてやることはもっと大切である。
そのためには何が求められるのだろうか。

スポーツを熱心にやっている人は多い。そのほとんどの人たちが、勝つためには情熱と精神力で最後までやり抜くんだと思っている。
ところが、志を持っているものは案外少ない。
スポーツではよく、勝てる、勝てないではなく、努力することが大事だといわれる。
しかし、これは違うのではないか?勝てないけどがんばるのは努力ではなく、監督の、先輩の手前、努力をしているふりをしているだけなのだ。
これでは忍耐の修練である。もちろん忍耐も時には大切だが、忍耐イコール努力ではない。

大事なのは努力であり、努力の結果勝てると思う心が大切だと考える。

「強いチームにも結構弱点はある」

ではどうしたら勝てると思えるのか、監督に勝てると思えと言われてそう思えるものか、それができれば苦労はない。
最も確実なのは誰にも負けないだけの練習をすることだが、1日ぐらいではだめで、それまでどれだけやってきたかという積み重ねの問題である。こうなると大学で初めて本格的にやる者が多い国立大学のプレーヤーたちにとって、その可能性はほとんどないといっていい。

そこで発想を変えてみる。

強いチームでも徹底的に分析してみると、結構弱点はあるものである。
それならば敵の強いところは避け、弱いところで勝負してやろうじゃないか。そのために作戦を立てる。
そうすると、選手も何とかなるかも知れないと思う。そうすると努力をするようになる。大切なのはこうすれば出来る、すなわち方法論を確立し、可能性を確信すること。
これが志を立てるということだと思う。

これは観念論ではなく、具体論である。
人にものを教える時に大切なのは、理解できるように教えることである。
それなりのイメージが持てると、やる気が出てくる。いくら立派なことを教えても、教えられた者がそれを理解できなかったら何にもならない。
良いことを教えているんだから、それがわからんお前達が悪い、では指導者とはいえないのだ。

ただ、指導者がカリスマで素晴らしい人間性を備えている時、選手は監督のためなら命を賭けてもよいと思う場合がある。
その時はどんなことをやれといっても選手は命がけでやるから当然そのうちにできるようになる。
しかしこのような特別な人間的魅力を備えた人もまた、限りなく少ないのである。

ということは、今は経験の浅い選手に対しては、わかることをわかるように教えてやる。
指導者は選手のレベルで教えてやることである。しかし、具体論にはすぐ限界がくる。
体力や技術というのは限界がはっきりしているから、よく心技体といわれるようにあるレベルに達すると心が求められるようになるのだ。

「優等生ばかりでは大きな欠点を生む」

アメフではタックルが大変重要である。
だが、タックルしたことがない者にそのイメージが持てるはずがない。われわれもそのためにこういうことをやれと教えるが、人間やったことがないことはわからない。そうなるとうんと練習する以外ない。
練習をしていると、ある時タックルができることがある。たとえそれが偶然でも、一度やると「なんだ、こんなことだったのか」となる。一度やると、こんなことがあるというイメージができる。
あとはそれを具体的に追求すればよい。これについては答えがわかっているのだから、二度目、三度目は割合簡単である。
物事は、成功のイメージを持って臨めという好例である。そうなると世界が変わる。自己意識も変わる。
おそらくこういうことを開眼というのであろう。
こうして開眼を重ねると、どんなときでも成功のイメージでプレーできるようになる。すなわち、達人の境地に達するのである。

人間物事に取り組むとき、できるだけ”ねばならない”は少ない方がよい。
それよりも競技に勝つことに専念する方がよい。
その場に臨んで自分に資格があるのだろうかとか、本当にこれで良いのかなどと自分を省みることは意味がなく、大切なのはこれからのプレーに集中することなのだ。

よほど人の道に外れたことをしない限り、優れたプレーのできることが選手としての資格である。
人格も大切だが、あまりそれを重視すると行儀の良い優等生になってしまう。
スポーツのように個性を発揮することが第一義である場では、これは大きな欠点になりかねない。

<unquote>

|

« こんな××はイヤだ。 | トップページ | 童貞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな××はイヤだ。 | トップページ | 童貞 »