« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

【号外】意見求む

最近はダイエット中なので、ストイックな食事になってます。でも、

「週に一度は旨いものを食ってOKrun

ってルールだから、時々は外食してます。

で、本題に入りますが、週に一回しか旨いものが食べられないので、

「ここは絶対にオススメ。」

と言う店があったら誰か教えて下さい。ハズしたくないので。
※ あんま僕と仲良くない人もコメントして下さい。

あまり高いものも食べられないので、費用対効果も考えて下さい。

先ずは自分のオススメから。
(基本的に、マニアになる気はないので、誰が食ってもそこそこ旨い店を、値段も考えて紹介します。)

モツ鍋のうまい店が知りたいです。

■ちりとり鍋:幸永
http://www.yakiniku-kouei.com/chiritori/main_2.html
韓流唐辛子にトリップします。
恵比寿とか麻布辺りのお洒落ちりとり鍋屋の場合、味付けがちょっと甘めでトリップ出来ません。
ここのはいかにも韓国風で最高です。今だと飲み放題500円で、スパークリングワインのボトルまで空けられます。はっきり言ってあり得ない店です。四千円以内で大満足間違いなしです。

■焼肉:羅生門
http://r.gnavi.co.jp/g138000/
カルビ千円、上カルビ二千円くらいの価格帯ですが、一品一品の量が多く、いかにも日本人好みの味付けがたまりません。
四谷本店と曙橋店は歩いて2〜3分のところに近接してます。
実は曙橋店の方がメニューが良いです。但し、本店にあるソフトクリームは、曙橋店にありません。あと曙橋店には、志村けん風のおっさんがいて、ギャグっぽくて良い感じです。
六〜七千円くらいです。近くにある「名門」って店は相当旨いらしいですが、一万五千〜二万円するらしいです。http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13006823/
恵比寿に「チャンピオン」という有名店がありますが、大した事はありません。多分、魚介類で採ったダシがタレに入ってます。昆布とか煮干とかその類です。何度も食ったら好きになるのかも知れませんが、個人的には満足しませんでした。http://www.ebisu-champion.com/
あと、三井物産の社員が大好きな「京城」って店が水道橋や北千住にあります。http://www5a.biglobe.ne.jp/~keijyou/王道の焼肉で悪くはないけど、羅生門の方が旨いです。肉が厚いから。

■イタリアン:トラットリア・ラ・テスタドゥーラ
http://r.gnavi.co.jp/g440300/
カラスミのパスタが反則です。カルパッチョとかルッコラとか、生ものが旨いです。火を通したものだと、白金豚を焼いたのがおススメです。
イタリアンと合わせる場合、日本モノより西洋系のビールが合います。一品一品の量が多いので、イタリアンの割に安つきます。多分、六千円前後です。恵比寿にはイタリアンの鉄人・神戸勝彦の店、「RISTORANTE MASSA」ってのがあります。http://www.massa-ebisu.com/確かに旨いんですが、一万円以上するし、こだわってパスタの麺が素麺並に細かったりするので、費用対効果を考えるとどうかな〜と思いました。(間違いなくウマいけど。)ギャルの前でええかっこしたい人にはお薦めです。あと「ISOLA SMERLADA」は丸ビルの割に費用対効果が良いです。
http://r.gnavi.co.jp/g763319/menu3.htm

■フレンチ:ル・クープ・シュー
http://r.gnavi.co.jp/b164700/
フレンチ初体験の人は間違いなく感動します。フレンチと言うより、小さい頃にイメージしたレストランに近い雰囲気です。
値段は確かコースが五千五百円くらい。高級店に比べると、前菜やパンの質は劣りますが、メインの肉料理&フォアグラのパルサミコソースは間違いなく、カッペの日本人にはたまらぬ旨さです。フォアグラの付け合わせは、大根だったり、山芋だったり、シェフの気まぐれで変わりますが、一番ウマイ付けあわせは、間違いなくイチジクです。
あと、上記の羅生門のおっさんとそっくりの、これまた志村けん風のジョークばかり飛ばす親父がいます。どこか切ない雰囲気もあり、最高です。(兄弟じゃないかと思うほどです。)近くにある「パリの朝市」はランチが千五百円で清潔感があり良かったです。http://www.pariasa.com/
高級フレンチだと、神楽坂の「ラ・トゥーエル」が最高に旨いらしいです。自分も何件か高級フレンチに行きました。評判の良い店は確かに旨くて、特に前菜は間違いなく旨いんですが、高い店は、豚とか牛とか、日本人にメジャーな食材を嫌い、ウズラとか鳩とか、マニアックなメインディッシュを持ってくる傾向があります。カッペはイベリコ豚を食うのが無難です。ル・クープ・シューなら、日本人好みのガーリックかけまくりの味付けの濃い牛・豚・鶏料理が出ますのでご安心下さい。
とは言え、「ラ・トゥーエル」は感動すること間違いなしだと思います。
http://www.tourelle.jp/

■ブタ料理:とんちゃん
http://www.tonchang.com/
サム・ギョップサルの人気店です。普通に安くてうまいです。付け合わせの野菜が食べ放題です。店の雰囲気が良い感じに汚らしくて最高です。
個人的には、上野店が客も多すぎず店員の元気が良いのでオススメです。三千円くらい。
でも実は、上記の幸永にもサム・ギョップサルがあります。はっきり言ってとんちゃんより旨いです。さらに飲み放題五百円なので、二千五百円でいけます。ほんとはブタ料理も幸永なんだけど、ちりとり鍋で出てきたから「とんちゃん」押しときます。
両店とも、普通の豚が千円、豚トロが千円ちょいです。普通の豚の方が旨いです。

■ラーメン:もちもちの木
http://ramen.gnavi.co.jp/shop/jp/g850100n.htm
これでもかと言う程にカツオブシが入っている醤油ラーメンです。スープがとても熱く、麺がカタメで量も多いので大好きです。メンマが超うまいです。近くにある「麺屋・武蔵」は有名だけど、大したことありません。
小川町の「つじ田」http://www.nidaime-tsujita.co.jp/top.htmlもオススメです。
B級学生ラーメンなら、早稲田の「メルシー」が最強です。http://r.tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13000048/

■お好み焼き:風月
http://www.ideaosaka.co.jp/
ベタなチェーン店で普通の味ですが、何だかんだで好きです。関西にはいっぱいあるけど、東京だと秋葉ヨドバシの中にあります。モダン焼がうまいです。

■刀削麺:XI'AN(シーアン)
http://r.gnavi.co.jp/g314411/
最初あまり好きじゃなかったけど、気が付くと好きになってました。
パクチー嫌いな人は嫌いだと思います。

■中華:中国茶房エイト
http://www.cceight.com/
これまたベタな店ですが、何やかんやでオススメです。味の割に安いです。安い値段で北京ダックが食いまくれるから好きです。他の料理も普通に安くてそこそこ旨いからハズシません。六本木店は連日満員だけど、赤坂店はけっこう空いてます。

■日本料理:桜田
http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26000790/
お金がある人はここに行きましょう。生まれてから食べた料理の中でここが一番旨いです。予約しないと入れません。二万円の懐石コースを頼んだらノックアウト間違いなしです。一万円以上する日本料理を何度か食べましたが、日本料理(他もそうだけど)は、一万円を超えても大して旨くない店が結構あります。個人的に思うのは、日本人は和食を食べ慣れているので、少しくらい旨い日本料理を食っても感動しません。つまり、イタリアンとかフレンチに比べ辛めに採点してしまう訳です。でも、ここは間違いなく旨いです。但し、イカの刺身だけは鮮度がものを言うので、都会では食べない方が無難です。

■寿司:美登利寿司
http://www.sushinomidori.co.jp/
チェーン店だけど素晴らしいです。特にカニミソのサラダが最高です。
最近だと、立ち食い寿司の「魚がし日本一」が思いのほかレベルを上げてます。限界あるけど、安い割にはウマイです。
http://www.uogashi.jp/

■焼鳥:鳥繁総本店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13012718/
ちょっと高いけど、塩と山椒だけで食うレバーが最高に男らしくて好きです。実は、一番旨いメニューは最後に出てくる「ソボロご飯」です。

');

| | コメント (0)

徒然草

280円のラーメン屋に入りました。

確かにマズい。

| | コメント (0)

島國の民

新幹線に乗るまでしばし時間があるので、東京駅の喫茶店にいます。

思い付きで入ったものの、予想外、あるいは予想通りに値段が高いです。

珈琲が630円。

アホらしい。どうせならと思って、

「ココナッツミルクのAsianドリンク」←730円

を頼みました。

思いのほかウマいです。

あっ、いま目の前でババアがコケました。

店員始め周りの人が、

「大丈夫ですか!?」

と詰め寄ります。
どう見ても大丈夫です。

店じゅうがババアを見ています。

でも、当人は何も喋りません。
よほど恥ずかしいのでしょうか。表情がシリアスです。

はっきり言ってコケただけです。何の心配も要りません。

彼女の存在そのものがコケないように、そっと無視するのが真の優しさかと思いますので、今から新幹線に乗ります。

| | コメント (0)

You !! tube

一青窈が好きです。性格が。

');

| | コメント (0)

男の悲哀

最近になって自覚したんですが、自分はMark Colemanのファンです。
夢と切なさが詰まってるから。

マーク・コールマン by Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

先日の「UFC93」は最高でした。

ショーグン対コールマン。※ 最終roundが見つかりません。
http://www.dailymotion.com/relevance/search/mark%2Bcoleman/video/x82b03_shogun-maurcio-rua-vs-mark-coleman_sport
http://www.dailymotion.com/relevance/search/mark%2Bcoleman/video/x82b2d_shogun-maurcio-rua-vs-mark-coleman_sport

何て切ない。必死にコールマンを応援する自分がいました。
タックル、タックル、またタックル。

負けると知りつつ、顔を真っ赤にして突っ込む姿がたまりません。

思えば、ミルコ戦も切なかった。
PRIDEでショーグンに勝った時、アクシデントなのに狂喜乱舞していた姿は今も憶えています。(これぞPRIDEと思いました。)

オヤジは健在です。これからも応援を続けたいと思います。

p.s.
【衝撃映像!!】野生のカリスマはここでも健在でした。
http://kayamayoutube.blog49.fc2.com/blog-entry-13.html
↑上記URLは、一部、青少年に不適切な動画が含まれています。20歳以上の方だけ自己責任のもとにクリックして下さい。

| | コメント (0)

前から言ってるちりとり鍋「幸永」に今日も行きました。

韓流ブタ料理のサムギョップサルを食べに。旨かったです。反則なレベルです。

あと、昼は前の会社の同期ん家でatHomeな手巻き寿司を食べました。
これも超ウマかったです。

最近、こんな集まりがあると、大人になってしまった自分を感じます。

だって、友達には子供がいる訳です。そりゃ立派な大人です。

自分は暫く子供を作る予定が無いし、下手すりゃ一生出来ないかも知れないけど、とりあえず年齢的には大人になってる様です。

そんな姿を見ると、「人間は動物の一種」だなと、当り前ながら実感せざるを得ません。

生まれたからには何か偉業を達成したいとずっと考えて来ましたが、もうあまり時間が残ってない気がします。

結局、動物ってのは自己の遺伝子を如何に残すか、拡大するか、ってのが全てなので、そうなると自分自身が暴れるか、自己の遺伝子に託すか、って話になると思います。

まあ、あと五年くらいは頑張っても良いかなと、現時点では考えています。

何かしらの足跡は残したいものです。

');
※ こんな大物もいます。↑

| | コメント (0)

愛・自由・希望・夢

いま80kgあります。
三ヶ月後は72kgにします。

と言う訳で、肉体改造を再開しております。

メニューは以下の通り。

運動メニュー

①筋トレ週二回以上
②30分ジョギングを二日に一回以上
③30分ヨガを二日に一回以上


食事メニュー

①朝はバナナと青汁プロテイン
②昼は蕎麦かSuperMeal(次世代栄養食)
③夜は自由に食べる
④寝る前にプロテイン
※ 毎食後はマルチビタミン

草野仁になりたいです。
ZARAが似合う男になりたいです。
バーベル100kgを10回上げたいです。
モテたいです。

以上、睦月も如月もファイヤーに頑張ります。

Are you ready ?

c.f.

昨日、馬場のジムで入れ墨の入った超・爽やかな空手歴20年のAmericanと仲良くなって二人でベンチプレスしました。

「ムネハミエルノキンニク、カタトセナカハツカウノキンニク。」
「ナニヨリアシガイチバンダイジダヨ。」

との事でした。

今年は脚と背中を中心にやります。

| | コメント (0)

22才

ZARAのセールに行きました。
やはり格好良いです。費用対効果を考えたとき、これ以上のブランドはありません。

僕は、社会人で格好付けたいって人を見たら、必ず、

「3〜5万持ってZARA行けよ。」

と言ってきました。

時々、

「俺、ZARAとか嫌だから。ダサいし。」

と言う奴を見かけます。

絶対に間違いです。ZARAで完全武装したら、間違いなくイケ◎ンになれます。
ブラッド・ピット並です。

ZARAで一番格好良いコーディネートをして、それでもイ◎メンになれなかったら、
それはZARAが悪いんじゃなくて、顔が悪いんだろうと思います。
(逆に言うと、それ以上オシャレな服を着ても、あんまり変わりません。)

と言う訳で、ここ数年、「ZARAで極めるオシャレ道」を提唱しています。

ちなみに僕の場合、ジャストはMサイズ、G-パンなら32インチです。

今日、久々に試着してみたら、Mのニットがピチピチでした。
※ 32inchはムチ×2でした。

とても危険です。
思い起こせば年末は、飲んで、食べて、飲みまくってた気がします。

上述の通り、ZARA着て不細工だったら、死ぬしかありません。
明日から必死で肉体改造します。大学2年生に戻します。

| | コメント (0)

マッコリ

TULLY'Sでウンコの順番待ちをしています。

さて、今日はお酒の話。

昨日、一昨日と酒を飲みました。
ビール三杯ずつくらい。

酒を飲んだ次の日は、朝の目覚めが悪かったり、体がダルかったりします。

「酒は百薬の長」

まあ部分的には当たってるんだろうけど、やっぱ酒は体に悪い気がします。

思えば会社員時代は飲みまくってましたが、やっぱダルかったです。

とは言えビールは旨くて止める気もしないから、今後は呼ばれた時だけ飲む事にします。

| | コメント (0)

都の西北

膝の故障で休んでいた筋トレを再開しました。
(グルメは暫く辞退してGood-shapeを狙います。)

久々なので、ベンチ60kgの10回×3セットからスタートです。

そう言えば今日、馬場のスポーツクラブで学ランを着た中学or高校生を発見したんですが、その時に上京直後の自分を思い出しました。

確か、浪人生のくせに嘘付いて早稲田の新歓コンパに潜入し、飲んでた時に、

「ソッソーオ、ソッソーオ・・・」

と言って一気してる連中を見て、絶対にしないと言っていました。

「粗相とか言って一気するのはメジャーな方法だから、あれをやったら普通の奴と同じレベルでしか受けない。」

「オチが読まれた時は、ギャグを飛ばしてはいけない。基本は不意打ちです。」

「奴の笑わせ方は甘いです。聞いてる人が冷静です。泣いてません。俺ならもっとアホな顔に出来ます。」

などと熱弁してた記憶があります。

個人的に、昔に浸るのは嫌いなんですが、今思うと10代の頃は、何でも徹底的に追及してた気がします。

今はギャグなんて興味無いですが、まあ何を追求するのであろうと、中学or高校生を見て、忘れていた気分を思い出すことが出来ました。Good night

| | コメント (0)

ベン・ザ・ブロック

風邪ひきました。

頭痛、鼻水、関節痛・・・ 病気ってダルイです。

| | コメント (0)

ゆず

正月になると殆どの地方出身者は里帰りするので、友達がいません。

だから今日は一念発起、独りグルメに走りました。

本当は居酒屋で手羽先でも食べたい気分でしたが、そもそも行く友達がいないので、デパ地下で贅沢する事にしました。

どれもこれも旨そうで悩みました。
結局↓に落ち着きました。

・鳥そぼろワッパ飯
・ヒレカツ byまい泉
・大根のピリ辛ゆず煮

全部で1,800円くらいでした。正月だから無礼講です。

| | コメント (0)

Happy New Year 2009

正月だから頭を丸めました。1㍉です。

旧年度は多くの事を学びました。特に、

1.そう簡単に人生コケない。
2.結果は行動の結果である。
3.健康が大切。

という事が分かりました。

他に、良し悪しと言うより処世術、つまり人生の知恵として、

Ⅰ. 他人の幸福を「快」、不幸を「不快」に感じること。
Ⅱ. ボトルネックとなる欠点を直視し、行動に移ること。
Ⅲ. 電話とメールは即座に返すこと。
Ⅳ. 好きな人とSEXすること。
Ⅴ. 早寝早起き運動&グルメにいそしむこと。

の重要性を痛感しました。
楽しそうな人はⅠ.〜Ⅴ.が上手いんです。

あと余談ですが、昨日はAK&KK君のご高配により、

「Dynamite!!〜勇気のチカラ2008〜」

に行って来ました。予想以上に最高でした。
※ スカ勝ち連発です。

世の中はどんどん進化しています。
サプライズだらけです。

自分も負けないように、と言うか勝てるように今年も頑張りたいと思います。


2009年 元旦

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »