« カラダ・スキャン | トップページ | セントラル東京 »

憧れの人

久しぶりに本を買いました。

■アントニオ猪木の新書
http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B1%E3%81%8C%E5%92%B2%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%A8%E5%92%B2%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%A8%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E8%8A%B1%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E7%8C%AA%E6%9C%A8/dp/4766784367/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1234966771&sr=1-2

やはり猪木は本物です。
(文章もガチンコも才能ないけど、本物です。)

偉い人の自伝とか哲学とか、今までかなり読みました。
格言の中で、この言葉が一番好きです。

「迷わず行けよ。行けばわかるさ。馬鹿になれ。」

p.s.
本の中にチラッと書いてありました。

人間の体は、全て脳が支配している。体全体で受信したメッセージは、脳へと集まる。その重要な伝達ポイントとなるのが、実は首なのだ〜人間が持つ、野性的な本能や力を鈍らせてはいけない。全身でメッセージを受け止め、生きていかなければならない〜

「だからこそ、人間は首を柔軟にしておく必要があるのだ。」

自分なりにアレンジした結果、首・手先・足先だけは、一生、ストレッチしまくる事にしました。

|

« カラダ・スキャン | トップページ | セントラル東京 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラダ・スキャン | トップページ | セントラル東京 »