« 私のタイフーン | トップページ | 成り上がり »

中谷彰宏

私は中谷彰宏が嫌いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B0%B7%E5%BD%B0%E5%AE%8F

人間、薄っぺらいの何の。自己啓発系の、それもレベルの低い本を出しまくってる男です。
この人が書く本の読者は、殆どカスと言って差し障り無いでしょう。昔から大嫌いでした。
(出せば必ずある程度売れる事を考えると、ビジネスモデルを秀逸と感じる事はあります。)

そんな私ですが、最近はカネを節約したいので図書館を活用しています。
そしたらありました。また中谷本。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%86%E3%82%8B%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%82%B8%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%B3%95-%E4%B8%AD%E8%B0%B7-%E5%BD%B0%E5%AE%8F/dp/4861360501/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1255090907&sr=1-1

図書館ならタダだから、はしがきだけ読んでみました。以下抜粋。

■引用■

「このエロオヤジ!」と言われて、ほっぺたの一つも叩かれる経験をしなければ、モテるようにはならないのです。
一度はケダモノになることです。
「ケダモノ」と言われて、ほめられたようなうれしさを感じることが大切なのです。

エロオヤジになるには、まず嫌われる覚悟がいります。
それを乗り越えた時に、一段上のエロオヤジになれるのです。
老人ホームでモテるのもエロオヤジです。

桜が散ったら「花が終わった」と言う人は、桜を美的にとらえることができないのです。
葉も幹もちゃんとあるのです。

桜は、花が咲いても終わっても、一年中桜なのです。

■引用終■

・・・素晴らしい。まさに私の理想です。一本取られました。
中谷彰宏を嫌いになるのは、この本を読んでからにします。

★ 今日学んだこと ★
男の勝負は一瞬で決まる。

|

« 私のタイフーン | トップページ | 成り上がり »

H系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のタイフーン | トップページ | 成り上がり »